温泉WEB
北海道
青森
岩手
宮城
秋田
山形
福島
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
富山
石川
福井
山梨
長野
岐阜
静岡
愛知
三重
滋賀
京都
大阪
兵庫
奈良
和歌山
鳥取
島根
岡山
広島
山口
徳島
香川
愛媛
高知
福岡
佐賀
長崎
熊本
大分
宮崎
鹿児島
沖縄
温泉WEB ホーム > 伊東小涌園

伊東温泉の数少ない庭園露天風呂付客室で過ごす 伊東小涌園“別邸 緑涌“

大分県の別府温泉、湯布院温泉と並んで日本三大温泉と言われ、全国4位の湯量を誇り、静岡県でも一番の総湯量を誇る全国有数の温泉地の伊東温泉。

その伊東温泉の中でも数少ない庭園露天風呂付客室がある伊東小涌園の“別邸 緑涌”で自家源泉が豊富に湧き出る掛け流し100%の新鮮な温泉を存分に楽しんできました。
小涌園は伊東温泉でも珍しい飲泉処を完備している珍しい旅館です。


伊東小涌園
伊東小涌園には庭園露天風呂が付いた客室が別邸に7部屋あり、今回私たちが案内されたお部屋は、「式根島(しきねじま)」というお部屋。
他にも神津島など、伊豆ならではの名前が付いています。

温泉(部屋風呂)
大きくはありませんが、大人が2名で入るのにちょうどいい大きさの石造りの露天風呂。
自家源泉100%の温泉です。
源泉は高温のため水で多少調整してしてくださいとのことでしたが、調整しなくてもちょうどいいお湯加減でした。
この日は生憎の雨、客室には傘やベトナムの方が被っているような麦わら帽子があり、この帽子がなかなか使い勝手が良かったです。
露天風呂
夜の露天風呂  
泉質:アルカリ性単純温泉(pH8.6)
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、慢性消化症
 

部屋
お部屋は普通の和室で、縁側の先に温泉のある庭が広がっています。
最近は和室でもベッドが置いてある宿が多いですが、こちらは昔ながらの和室で、布団でした。

浴衣、バスローブ、作務衣、国産ブランドのアメニティは一通り揃っていましたが、希望を言えばもう少し特別感が欲しいところでした。
内風呂も温泉ですが、水回りは改修していないため、古く残念でした。

室内の様子


お料理 食事
別邸 緑涌に宿泊している方は、朝夕ともに部屋食になります。
コースは、前菜から始まり、アワビの酒蒸し、鯛の活け造り、金目鯛の姿煮、お肉料理や釜めしなどボリュームたっぷりでした。ちょっと味付けが濃いかなと思いました。
ただ、温泉付きの部屋にしてはお得な料金で、のんびり部屋で源泉掛け流しの温泉を楽しめることを考えると、初めて温泉付きの部屋に泊まるという方にはいいかもしれません。
大浴場・露天風呂
自家源泉から豊富に湧き出る小涌園の温泉の泉質はpH8.6のアルカリ性単純泉。

お部屋に温泉がついていましたので一度しか入りに行きませんでしたが大浴場も利用できます。
あつ湯とぬる湯の二つの内湯のほか露天風呂があり、こちらも客室と同じく源泉100%のかけ流しです。
ストレス解消やシェイプアップ効果、角質を柔らかくする効果もあるのでお肌がつるつるになり、女性にはとても嬉しい泉質です。

大浴場
飲泉処  
伊東温泉では唯一の飲泉処。
飲める温泉は初めてです。

飲泉によって温泉の成分を直接吸収することによって、浴用以上に温泉の効能を期待できると言われているそうです。

カラダの内側からも効果を実感できそうでうれしいですね。
 
ホテルの周辺
柳並木や桜並木、レトロな街灯が並ぶ、約1kmの松川の遊歩道は湯上りにのんびりと散策するのにぴったりです。

川の向かいには東海館や昔ながらの木造旅館街が立ち並び、温泉街の風情がたっぷりで、浴衣がとっても似合います。

松川遊歩道
東海館  
昭和初期の美しい建築様式をそのまま残す木造3階建の温泉旅館“東海館”。

昭和3年創業、平成9年に廃業となった老舗旅館を伊東市が文化財として改修し、当時の客間など趣のある内観を見学することができます。

立ち寄り湯として昭和の伊東を代表する老舗旅館のお風呂を楽しめます。
 




【伊東小涌園】
静岡県伊東市 広野2丁目2-5
チェックイン15:00
チェックアウト 11:00
ホームページ:http://www.ito-kowakien.com/

アクセス:伊東駅より送迎